建設統計関係者への感謝状をいただきました(株式会社岡部)

img_029210月25日富山県庁において、建設統計関係者への国土交通大臣の感謝状伝達式があり、感謝状をいただきました。

この感謝状は国土交通省が実施する建設工事受注動態調査、建設工事施工統計調査において、多年にわたり他の模範となる正確かつ迅速な報告に努めた事業所に贈られるものです。

統計調査は国などの経済・社会施策のための基礎資料や、企業の経営方針策定の参考資料として提供される大事なものです。

今後も統計調査の正確かつ迅速な報告に努めてまいります。img_0296

富山県 総合建設業 株式会社岡部

小矢部川・合又川合流点処理その3工事(株式会社岡部)現場見学会

株式会社岡部では小矢部川と合又川の合流点において、洪水による周辺への浸水対策のため堤防の整備を行っています。

10月18日 南砺福野高校 農業環境科の学生を対象に現場見学会が行われました。

事業や工事の説明を富山河川国道事務所の方と、施工をおこなう各企業が行いました。dsc_0256

また建設現場で行われる様々な作業を実際に体験してもらいました。

こちらは測量の体験の様子です。img_0264

その他にも鉄筋組立の体験したり、

img_0251盛土の現場密度試験の作業も体験しました。

img_0273img_0277

入社3年目の当社の若手職員がこの業界に入った理由や建設業の魅力を学生の皆さんに伝えました。img_0288今回の見学会や体験を通して、一人でも多くの学生が建設業に興味を持ってもらい進路を決める参考になれば幸いです。

最後にご協力いただいた皆様、大変ありがとうごさいました。

dsc_0266富山県 総合建設業 株式会社岡部

茅蜩橋下部その2工事(株式会社岡部)現場見学会

株式会社岡部では三井アウトレットパーク北陸小矢部の近くの茅蜩橋(ひぐらしばし)の4車線化に向けた橋脚設置工事を行っています。この工事はアウトレットの開業に伴い交通量が増加した国道8号線の渋滞の緩和、渋滞に伴う事故防止を図るものです。

10月17日金沢工業大学の学生を対象に現場見学会が行われました。dsc_0235当社のほか茅蜩橋の下部工事を施工する各会社が事業内容の説明を行いました。

また、当社の積算担当の女性職員が建設業の魅力や女性が活躍する業界の今などを大学生に伝えました。dsc_0253担い手不足が叫ばれている建設業界に一人でも多くの学生が興味を持ってもらえることを願っています。

富山県 総合建設業 株式会社岡部

中波・脇道路整備工事(富山県総合建設会社 株式会社岡部)

岡部では氷見市の中波・脇地先にて中波・脇道路整備工事を行っています。

主な工事の内容としては立入防止柵の設置、工事用道路の撤去、田面復旧を行っています。

現在、田面復旧工事(田んぼをもとに戻す工事)をしています。

能越自動車道の建設時に借りた田んぼをきれいにして持ち主に返すための工事です。

中波・脇道路整備工事脇地区では重機を使って田んぼの復旧を行っています。

中波・脇道路整備工事

中波地区では田んぼではなく、土地として復旧する作業をしています。

中波・脇道路整備工事上の写真は当社職員が測量をしている様子です。図面通りに構造物を造っていくための大切な作業です。

まだまだ工事は続きます。安全第一に作業を進めていきます。

富山県 総合建設業 株式会社岡部

立山砂防 カルデラフェスティバル2016(株式会社 岡部 総合建設会社)

9月8日 立山砂防・水谷でカルデラフェスティバルがありました。カルデラフェスティバル

会社別対抗のスポーツ大会とカラオケ大会が行われ、岡部も参加しました。

当日は強い雨が降っていたので予定より種目を絞って開催されました。

バンモチ競争(30kgの麻袋を持ち上げる競争)では当社職員が新記録を出し、

見事1位に輝きました。カルデラフェスティバル バンモチ競争

カラオケ大会には、本選・飛び入り参加と当社職員と協力会社の方が参加し大変盛り上がりました。カルデラフェスティバル カラオケ大会

残念ながら、カラオケ大会では無冠に終わりましたが、とても楽しい時間でした。

スタッフK・T

富山県 総合建設業 株式会社岡部

 

 

 

岡部はオリジナルの特注遊具を得意とする遊具メーカーです

市民交流センター遊具岡部は、オリジナルで製作する特注遊具を得意とする遊具メーカーです。
お客様のご要望を取り入れ、素材、形状、色彩など柔軟な発想で形にしご提案します。今までに見たことのないような、オリジナリティーあふれる大型遊具、その場所にしかない、特注の遊具の実現を、岡部がお手伝いいたします。

特に、商業施設、児童館、アミューズメント施設、地域交流センター内の屋内遊具、室内遊具、ネット遊具を得意とする遊具メーカーです。

各施設の集客にご協力できます!

遊具、公園施設に関するご相談は
株式会社 岡部 公園施設部
TEL 076-441-4561 までお気軽にどうぞ

 

太陽光発電所の防草は、透水性保水型路盤で出来ます(富山)

最近のお問い合わせで多いのが、太陽光発電所の防草、除草についてです。

雑草でシステムに支障が発生したり、雑草が生い茂ることで、多くの虫が発生し、それを捕食する小動物や鳥、鳥のフンによるトラブルも発生します。

透水性保水型路盤は、透水性保水性が高く、防草しながら、豪雨時も一時的に貯留できるため、洪水対策にもなります。

また、他の工法に比べ、管理車両が走行できることも、トラブル発生時には有利となります。

 

透水性保水型路盤 防草

写真は、透水性保水型路盤での防草を施工したもので、3種類の骨材を使用しているため、3色になっています。

スタッフR.O

太陽光発電所の防草、透水性保水型路盤に関するご相談は
株式会社 岡部
TEL 076-441-4652 までお気軽にどうぞ

 

いかるぎの大橋下部その2その4工事(株式会社 岡部) 現場見学会

7月13日 高岡工芸高校3年生19名を対象に砺波東バイパスの現場見学会が行われました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

事業内容、各工事の説明はもちろん、

今回の見学会では、実際に作業を体験してもらおうという事で、

Exif_JPEG_PICTURE

既設構造物の鉄筋探査試験や

Exif_JPEG_PICTURE

簡単な型枠の組立をしたり、

 

Exif_JPEG_PICTURE

鉄筋の結束を体験したりしました。

高校生ではなかなかこういった実際に職業を体験する事ができないため、今後進路を決めるのに役立ったかと思います。

 

最後にご協力いただきた皆さま、大変ありがとうございました。

Exif_JPEG_PICTURE

富山県 総合建設業 株式会社岡部

水谷神社安全祈願祭(㈱岡部 有峰地区擁壁工その他工事 富山県)

弊社が受注している有峰地区擁壁工その他工事の施工地区で、立山砂防事務所の方々、砂防工事を受注している企業の方々が出席され水谷神社安全祈願祭が実施されました。

Exif_JPEG_PICTURE

立山砂防が国の直轄事業となって、今年度で90周年を迎えました。

立山カルデラ対策の基幹となる白岩砂防堰堤は、昭和14年に建設された本堰堤の高さが63mの日本一高い砂防堰堤で、7基の副堰堤が配置され、副堰堤をあわせた高さは108mにもなります。平成21年6月30日には、重要文化財に指定されました。

スタッフR.O

総合建設業 株式会社岡部 富山県

株式会社岡部 工事安全対策への取り組み(富山県 総合建設会社)

岡部では、安全衛生マネジメントシステムの導入や、安全パトロール、安全大会の実施、安全衛生活動のフォローアップなど、労働災害防止についての様々な取り組みを行なっています。

平成28年7月8日には、弊社・弊社協力会のまる金会合同の安全大会が開催され、130人が参加しました。毎年、7月1日から7日まで全国的に展開される全国安全週間の締めに開催しています。

株式会社岡部 安全大会
株式会社岡部 安全大会
株式会社岡部 安全大会
株式会社岡部 安全大会

スタッフR.O

総合建設業 株式会社岡部 富山県

 

トース土工法(透水性保水型土系舗装)のグラウンド

トース土工法 グラウンド
トース土工法 グラウンド

降雨後、早期に利用ができるトース土工法(透水性保水型土系舗装)のグラウンドが完成しました。

透水性が高いのですが、保水性も高い不思議なグラウンド表層工です。降雨後、水たまりが早期になくなり、ぬかるみにもならないため、早期に利用が出来ます。保水性が高いため、散水の回数が低減できます。

土が飽和するまでは雨水が透水し水たまりが出来ません。飽和後は、路盤の透水性能により透水する時間がグラウンドにより異なります。

下の写真は平成28年4月4日連続24時間雨量26ミリの降雨中のグラウンドです。土が飽和し水たまりが発生しておりますが、暗渠排水管の直上は表層工以下の透水性が高いため、水たまりが出来ていません。

2016041116081900
降雨中のグラウンド

下の写真は、平成28年4月5日降雨後4~5時間経過した状況です。水たまりが消え、ぬかるみも無く、直ぐに利用できる状況です。写真には撮れていませんが、実際には2時間前後で水たまりが消えたようです。

2016041116081300
降雨後、早期に利用できるグラウンド

今回のトース土工法のグラウンドは、元のグラウンドの表土をほぼ100%再利用しています。足りない土は購入土をブレンドして改良しています。

現地土を再利用することで、産業廃棄物の抑制、発生土を処分するために使用する重機、購入土を運搬するための重機からのCO2の発生抑制をすることができます。トース土工法は、地元の発生土を再利用することで、自然環境に優しく、同時にコストも削減できる工法です。

スタッフ R.O

グラウンドに関するご相談は
株式会社 岡部
TEL 076-441-4561 までお気軽にどうぞ

工事現場ブログを開設します。

今後、工事進捗状況をご報告いたします。

5 / 512345