透水性保水型路盤(トース土の「路盤」)

透水性保水型路盤(トーストーン工法)により施工した路盤の特徴

  1. 集中的な豪雨水を路盤内に貯留したり時差流出が可能です。透水係数が大きいため降雨時には速やかな貯留が可能です
  2. 透水係数が大きいため降雨時には素早く浸透し透水性舗装表層の水溜まりの発生を抑制します
  3. 路盤に保水した水分により気化熱の冷却効果で透水性舗装表層面の温度上昇を抑制し、快適な空間となります

<透水性保水型路盤(トース土工法の路盤)を造成する際の留意点と検討事項>

  1. 透水性保水型路盤(トース土路盤)は、添加剤を混合することにより強度が向上するため、表層等の舗装構成の削減を考慮することが可能です
  2. 透水性保水型路盤(トース土路盤)の砕石は、保水性を期待する場合は粒調砕石(RC材は路盤としては細流分が少なく保水性能に欠けるため)を考慮ください
  3. 透水性保水型路盤(トース土路盤)の砕石としてRC材を単体で使用すると透水性が大幅に向上しますが保水性は減少します
  4. 透水性保水型路盤(トース土路盤)の排水性能を最大限発揮させる場合は、端末処理としての排水路への接続を考慮ください

 

詳しくは(株)岡部まで、ご相談ください。
工法問合せメール