~岡部がおすすめする環境にやさしい健康な住まい~
通気断熱WB工法

WB工法とは、夏の過ごしやすさ(通気)/冬の暖かさ(断熱)/空気と湿度(W=ダブル)/呼吸(B=ブレス)を追求した、自然の恵みを生かし自然と共に暮らしていく家づくりの方法です。

WB工法では、通気層+形状記憶式自動開閉式装置(熱感知式形状記憶合金)で電力を使わない省エネルギー装置を採用し、夏には通気性、冬には断熱性という、相反する性能を確保した住まいです。

通気断熱WB工法の特徴

アンダーヘルス/バリアヘルス/フローヘルス/ハットヘルス/サイクルフロー/省エネ君ヨドマーズ

アンダーヘルス

建物の基礎に取付け、外部から床下内部に通気のため取り付けます。
温度変化により自動開閉し、この自動開閉装置は動力に頼らずメンテナンスなどとても簡単に行えます。

バリアヘルス

土台に取り付け床下から壁内部に通気を行ないます。
床下の空気は温度差により上昇気流を発生させ、壁内部の第二通気層を通り屋根の棟から換気を行ないます。

フローヘルス

各室内の床上に取り付けます。
ホルムアルデヒドや湿気、二酸化炭素等は空気より重く床付近に滞留するため、手動開閉により、壁内部に強制的に排出します。
夏は床下の冷気を有効利用でき、省エネに貢献します。

ハットヘルス

屋根の棟に取り付けます。
第一通気層と第二通気層の空気を別々に排出するため、夏の小屋裏の熱気排出もスムーズに行え、省エネにも効果を発揮できます。

サイクルフロー

階段室や吹抜けに設置し、家全体の気流を制御する装置です。夏は上向きの、冬は下向きのゆるやかな気流で、冷暖房効率を上げ快適な住空間をつくります。

省エネ君ヨドマーズ

居室部に取り付けます。
補助暖房された暖気を床に降ろすことによって足元を暖かくし、暖気を四方の壁に下ろしているため窓の結露を抑制し、カビやダニを防ぎます。
また、冬は風を感じることなく床と天井の温度差をなくし、夏はエアコンによる冷えをなくします。