先輩社員の声

建築部 大澤 嘉和

2003年入社 富山県出身
資格:1級建築施工管理技士
趣味・熱中していること:ビーチボール、
子供と遊ぶ、地元消防団活動

パズルのピースを一つ残らずきちんとはめ込んでいくような作業。
協力して創り上げる大変さがあるからこそ、やりがいも大きい仕事です。

入社の動機、きっかけ

もともと、どうしても富山で就職をしたいと考えていた私にとって、富山県内で数多くの工事実績を持っている岡部は、とても魅力的な企業に思えたことと、顧客も国・県・市・民間と多岐にわたっているため、やりがいを感じたことが志望の理由です。
また、採用担当の方が他者と比べてフランクで優しく、その人柄にひかれた部分もあります。

自分の手で街を創っているという実感

建築部では、建築工事の現場で施工管理業務をしています。
建築は、何もない土地に新しく建物を建てたり、老朽化の進んだ建物を新築の様に改修したりする仕事。
それが地図に載り、自分の手で街を創っているという実感を持てること、また、完成後にお客様の笑顔を見られることに、大きなやりがいを感じます。
たとえば、当社では公共工事で学校なども多く施工していて、一年目に経年検査というものを実施しています。その際、担当の方に不具合がないかなどを直接確認するのですが、実際使っている学生さんが喜んでいる様子を教えていただけたときは、本当にうれしく感じました。

プライドは不要、考える先に聞け

入社した当時、何とか役に立ちたいという思いで一生懸命やっていたつもりだったのですが、仕事はわからないことだらけで、部長にずっと怒られっぱなしでした。
その時に部長から言われたのは、「3年は戦力じゃない」という言葉。それで気持ちがすっとラクになりました。 まず1年目は、考えなければいけないとは思わず、考える先に聞け。自分は役に立つはずという変なプライドは不要、わからなければ誰かにすぐにたずねること。そこでコミュニケーションをとれることのほうが大事なんです。

この仕事で必要なのは、熱意とコミュニケーション能力です。
建物は、現場で働いてもらう作業員と協力して創り上げていくもの。自分の考えを上手く伝えようとする思いと仕事に対する熱意があれば、それで良いのだと思います。

たくさんのピースがすべてうまくはまって、工事は完成する

特に公共の建築物などの大きな工事の現場では、多業種・細分化が進んでいて、工事の規模によっては100社を超える下請業者が入場して作業を行います(もちろん、同時期に一斉にということはありませんが・・・)。
その1社1社に対し、仕事をしてもらう時期や内容を図面等で指示するわけですが、たとえるなら、それはたくさんのピースを組み合わせていくジグソーパズルのようなもの。ピースが一つでも足りないと、完成することができません。誤った時期を伝えると工期が遅れ、内容を理解してもらえないと品質の良い建物を創れないのです。
これらを上手く調整し、円滑に工事を進めることが、施工管理業務の大変なところであり、やりがいを感じる部分でもあります。

ここ数年、やっとで自分も責任者として仕事を任せてもらえる立場になりましたが、今後はさらにいろいろな資格、できれば一級建築士の資格を取得して、自分自身を向上させていきたいと思っています。

入社を目指す方へのアドバイス・メッセージ

仕事には大きな責任が伴うもの。だからこそ、やりがいがあります。
モノ創りが好きだ、という気持ちだけでは上手くいかないかもしれませんが、その気持ちが一番大事なことです。
当社の社員関係は社長も含め、どの会社よりもフレンドリーな会社。お互いが、年齢問わず自分の意見を言い合える仲間です。
ぜひ岡部で、一緒に働いてみませんか?