営業管理部 種田 和正

2015年入社 富山県出身
趣味・熱中していること:
野球観戦、 ドライブ(道の駅に立ち寄ること)

文系の自分にとって、土木や建築は縁もゆかりもない分野。 今まで知らなかったことを知ることが出来る面白さ、 新しい発見や勉強の連続です。

入社の動機、きっかけ

県外の大学で地域政策を学び、地域のため・地元のために働きたいと思っていた時、岡部の求人を見て会社のことを調べました。建設会社で県内でもトップクラスであること、公園施設などの特色ある事業を行っていることを知り、ここなら地域のために働けると思い、岡部を志望しました。

今まで触れたことのない分野は発見や勉強の連続

会社では営業管理部で国や自治体に提出する書類の作成をしています。建設業許可の手続き関係、国・自治体の入札に参加するための申請書、発注される工事の入札に参加するための申請書の作成を中心に行っています。 国や自治体に提出する書類、特に各工事の入札に参加する申請書は再提出ができないため、間違いや不備は許されません。少しの間違いでも入札に参加できないこともあるので注意して書類を作っています。 営業の仕事でも設計書や図面などを見る機会は多いので、土木や建築の勉強をしたことない自分にとって、縁もゆかりもない分野のことは新しい発見や勉強の連続です。今まで知らなかったことを知ることができるのが、この仕事の面白いところです。

挨拶や正確さ。基本中の基本が大切な職場

仕事をするうえで大事なのは、基本的な事ですが、あいさつをすることです。建設の仕事は多くの人の協力なくして仕事はできません。仕事を円滑に進めるためにはコミュニケーションの基本、あいさつが大切だと思います。また感謝の言葉、謝罪の言葉も大切だと思います。これらのことを仕事していく上で大切にしています。 また、事務系の仕事は書類上での小さなミスが取り返しのつかないミスになる可能性があり、営業では小さな書類のミスで仕事を逃す可能性があります。そのため、正確に物事を遂行できることが必要だと思います。 今は書類の作成など事務作業が中心ですが、今後は顧客と会社の窓口である営業として、顧客に喜んでいただけるよう要望を聞き、また提案を行う営業をしていきたいです。 そのためにもまずは営業に必要な知識を身に付けていきたいです。

やさしい先輩、フレンドリーな職場

私は入社して約半年間現場に勤務し、営業管理部に配属になりました。現場でも、今の職場でも先輩・上司のみなさんはやさしいです。現場では年の近い先輩も多く、慣れない現場での仕事ではたくさんフォローしていただきました。 BBQや飲み会、若手社員はマラソン大会への参加を通じて、先輩・上司の皆さんと親睦を深めることもでき、とてもフレンドリーな職場です。

入社を目指す方へ

事務系の仕事は職業・性別・年齢などが違う様々な人と接することが多いです。いろいろな人と話が出来るように様々なことにアンテナを張っておくと良いかもしれません。 事務系の仕事は直接、建造物を造るわけではありませんが、建造物が出来るまで裏方として支える重要な仕事です。大きな達成感はないかもしれませんが、強い使命感を持って仕事ができます。 建設業の役割は地域を支えるとても重要な仕事です。地域を担い、地域のために働きたい方には最適な仕事だと思います。