分煙対策用、喫煙ブース「スモーク・ポイント」のご案内

ご存知ですか? 2020年4月から事業所・店舗などでの禁煙もしくは「喫煙所」設置が義務づけられます!

望まない受動喫煙の防止を図るため、多数の人が利用する施設の管理者には 受動喫煙防止の対策が義務づけられます。(健康増進法の改正による

【2019年夏より施行】 【2020年夏より施行】
対象施設 学校・病院・児童福祉施設等の行政機関 すべての事業所、飲食店のうち新たに開設する店舗 又は経営規模の大きい店舗 (資本金が5,000万円以下の中小企業又は個人が運営する客席面積が100㎡以下の店舗)
法律施工後の対策 〇敷地内禁煙 屋外で受動喫煙を防止する措置がとられた場所に喫煙場所を設置可 〇屋内禁煙 喫煙専用室の設置 〇喫煙は可能 ただし20歳未満は立ち入り禁止

義務違反時の罰則等

違反が発覚し、都道府県知事からの指導、勧告、命令等で改善が見られない場合、 過料が課せられる。(20万円~50万円の過料)

事業所を持つ企業、飲食店、賃貸ビルの経営者様は 早急に分煙対策への取り組みが必要です!

コストを抑え短期間で設置できる!

費用と時間のかかる分煙対策にお困りなら 喫煙ブース「スモーク・ポイント」をおすすめします

屋内へ喫煙所を設置する場合、建物の改築や排煙工事など、費用と時間がかかるのが問題。 喫煙ブースなら、設置するだけで工事は不要なので、コストと時間の問題を解消できます。

「スモーク・ポイント」の魅力

スタイリッシュな北欧デザイン

喫煙ブース「スモークポイント」は、デンマークのデザイナーが、北欧独特のスタイリッシュさを大切にした筐体デザイン。雰囲気を壊さず、上質なインテリア空間を演出します。

高機能でしっかり分煙

喫煙テーブルだけでは不可能な「空間分煙」を実現(ドアタイプの場合)。 厚生労働省の「職場における受動喫煙防止対策のガイドライン」を満たし、 非喫煙者にも安心、安全です。

移設が可能

建物に喫煙室を設けた場合、移設するために、場合によっては既存喫煙室の撤去費用、さらに改修費用が必要。スモークポイントなら分解して持ち運び、再度設営が可能です。

受動喫煙防止対策に取り組みたいけれど予算がない・・・ そんな中小企業様は「助成金」を活用できます! 設置費用の50%が助成されます

職場での受動喫煙防止対策に取り組む中小企業様は、対策費用の一部を支援する「受動喫煙防止対策助成金」が活用できます。 (厚生労働省ホームページ「受動喫煙防止対策助成金」)

対象となる事業主

次の(1)~(3)すべてに該当する事業主が対象 (1)労働災害補償保険の適用事業主 (2)中小企業事業主(下図参照) ※労働者数か資本金等のどちらか一方を満たせば、中小企業事業主となります。

業種 常時雇用する労働者数 資本金又は出資の総額
小売業 小売業、飲食店、配達飲食サービス業 50人以下 5,000万円以下
サービス業 物品賃貸業、宿泊業、娯楽業、医療・福祉、複合サービス(例:協同組合)など 100人以下 5,000万円以下
卸売業 卸売業 100人以下 1億円以下
その他業種 農業、林業、漁業、建設業、製造業、運輸業、金融業、保険業など 300人以下 3億円以下
(3)事業場において、措置を講じた区域以外を禁煙とする事業主

助成の対象となる措置

1 右の基準を満たす 喫煙室の設置・改修 喫煙室の入口で、喫煙室に向かう風速が0.2m/s以上
2 “右の基準を満たす屋外喫煙所(閉鎖系)の設置・改修” 喫煙所内での喫煙で、喫煙所の直近の建物の出入口などにおける粉じんの濃度が増加しない
3 “右の基準を満たす気装置の設置など (宿泊業・飲食店を営んでいる事業場のみ)” 喫煙区域の粉じん濃度が0.15mg/㎥以下、または必要換気量が70.3×(席数)㎥/時間以上

喫煙ブース設置費用の助成金活用イメージ

岡部では助成金申請についてのサポートも行っております ぜひお気軽にお問い合わせください

分煙対策用「喫煙ブース」のご案内/受動喫煙防止対策助成金についてのご相談

お問い合わせフォーム 岡部本社ショールーム

「スモーク・ポイント」導入事例

ホテルの喫煙ブース

企業の喫煙ブース

音楽スタジオの喫煙ブース

ショールームの喫煙ブース

アミューズメント施設の喫煙ブース

分煙対策用「喫煙ブース」のご案内/受動喫煙防止対策助成金についてのご相談

お問い合わせフォーム 岡部本社ショールーム