土木部 内原 康裕

土木部 工事専任課長
2008年入社 富山県出身
資格:一級土木施工管理技士
職歴:橋梁建設会社
趣味、特技、熱中していること等:
プランターによる家庭菜園、散歩

採用情報はどのようにして知りましたか。

前職会社の知人の紹介です。

志望の理由はなんでしたか。

前職では橋梁工事(プレストレストコンクリート)の施工のみ行っており、一般土木の知識が乏しい状態でしたが、土木技術に乏しくとも岡部社内のバックアップも充実していることと、新しい分野へ臨みスキルがアップ出来ると判断したからです。

会社ではどんな業務をされていますか。

土木部に所属し、国土交通省発注工事の現場代理人やゼネコン・橋梁工事の下請け工事の現場代理人として業務を行っています。

前職と比べて違っている点、転職して良かったと思える点はどこですか。

前職では構造物構築が主な施工で、構造物の構造は現地状況により大きく設計変更することはほぼ無い工事でしたが、土木工事では現場の地質や地形・条件等により大幅に工法変更等が出来ることが違っていて、工法変更による利益向上に尽力できることです。

中途入社によって、入社後に苦労した点はありますか?

前職には約30年在職していたため、電話受け取り時たまに会社名を言い間違ったことがありました。(転職当初)
土木工事の知識が乏しいため、技術・施工の会話の意味がその場で理解できないことがあったことです。

今の仕事の面白さ・やりがい、逆に、仕事で大変なことはどんなところですか?

土木工事は作ったものが後に残る事(前職も同様)で出来たものを自慢出来るところです。
作ったものが残る事で、より良いものを作ると言うやりがいがあります。
現場での外仕事だけでなく事務・プラン等内業をこなしながら全体業務を遂行していく事は大変ではあります。

仕事の上で今後実現したいこと、目標は何ですか?

発注者による工事の評価で高得点を得る事です。

同僚や上司とはどのような関係を築いていますか。また、会社以外で交流する機会はありますか。

知らない事や解らない事を相談に乗ってもらい、自分の知識を生かせる相談を受けた時には情報提供を行っています。

中途入社で岡部を志望される方へのアドバイスやメッセージをお願いします。

前職との業務が異種であっても岡部がバックアップし、技術力を持った若手技術者も多数存在し協力し合い、業務を遂行できる会社です。
また、福利厚生が充実しており業務への影響がない時には長期休暇の取得も得やすい環境の会社です。