庄川圏域祖山出谷砂防総合交付金(砂防)除石工 進捗状況

土砂搬出が完了し、残るは布製型枠の施工のみとなりました。

着工前と比べると並べるとこんな感じ。航空写真ではあまり陰影がなくわかりづらいですが、現場をやっていた者からみるとようやく形になったなという印象を受けています。

だいぶ気温が下がり、遠くの山が白く色づいてきていますが、

残りわずか気を引き締めて頑張ります。

 

富山県 総合建設業 株式会社岡部

庄川圏域祖山出谷砂防総合交付金(砂防)除石工 進捗

護床ブロックを設置しました。1.6m×1.6m 高さ約80cm 重さ2tが55個あります。

急勾配の箇所に据付けるかなりの難易度でしたが、キレイに設置できました。

 

 

そして設置後に埋戻しました。

 

あれだけの成果はどこへやら。

 

現場の中を見ていれば、だんだん形になっていき、進捗を感じられますが、

これから土砂運搬約3,000m3がスタートです。

厳しい工程ですが、一生懸命がんばるしかないです。

 

富山県 建設業 株式会社岡部

一般国道156号道路橋りょう改築法面工祖山B303工区工事 工事説明・現場見学

富山県砺波土木センター発注

一般国道156号道路橋りょう改築法面工祖山B303工区工事を進めております。

工事場所:南砺市祖山

工期:令和3年7月21日 ~ 令和3年11年30日

工事概要:法面の老朽化したモルタル吹付の延命化工事として、補強鉄筋(D19 L0.5m~1.0m)を打設し、フレームを取付けたのち、繊維補強モルタル吹付を施す工事。

 

すでにアンカー打設が完了し、あとはフレームを取り付けて繊維補強モルタル吹付を残すのみとなりました。

本工事ではモルタル吹付の延命化のための工法として、トーコンプラス工法を採用しており、昨日富山県内の建設会社を対象として見学会が実施されました。

この工法は、新旧モルタル吹付を一体化させることにより、品質を向上させ、また既設モルタルを取り壊す必要がない事により、安全性の向上と廃棄物の削減が図られる工法です。

富山県 総合建設業 株式会社岡部

 

一般国道156号道路総合交付金(防災・災防・修繕)法面工下原A091工区その2工事 完成報告

砺波土木センター発注

一般国道156号道路総合交付金(防災・災防・修繕)法面工下原A091工区その2工事 が完成いたしました。

工期:令和3年3月26日 ~ 令和3年9月3日

工事概要:法面上部の岩塊の落石予防のためロープ伏工を施す工事

斜面整理工683m2、ロープ設置工3,000m、岩盤用アンカー258本、自穿孔アンカー10本

わかりづらいですが、法面上のメロンの皺のような跡が今回の構造物となります。

土木部スタッフ H.T

富山県 総合建設業 株式会社岡部

庄川圏域祖山出谷砂防総合交付金(砂防)除石工 UAV測量

UAV(無人航空機ドローン)を使って3次元測量を実施しました。

おそらく弊社内での富山県発注工事では初めての実施です。

従来の人によるトータルステーションによる測量では3日程度かかっていたであろう作業を約3時間で済ませてしまいました。

 

 

 

 

 

 

後日トータルステーションで数カ所計測してみましたが、誤差は約5cm以内。

気象条件は選びますが、従来と比べて危険低減、疲労低減、時間短縮、利便性向上につながるこれからの技術だなと思いました。            スタッフH.T

 

富山県 総合建設業 株式会社岡部

 

庄川圏域祖山出谷砂防総合交付金(砂防)除石工工事

砺波土木センター発注

庄川圏域祖山出谷砂防総合交付金(砂防)除石工工事 を受注しました。

工事場所:南砺市祖山地内

工期:令和3年8月4日~令和3年12月10日

工事概要:堰堤維持のため、土砂2,600m3を搬出、根固めブロックと布製型枠を施工する工事。

台風時期に砂防内での工事になるため、土石流災害に十分留意し、安全に作業を行います。

スタッフH.T

富山県 総合建設業 株式会社岡部

 

一般国道304号道路総合交付金(防災・災防・修繕)法面工来栖工区その2工事

富山県 砺波土木センター発注 法面工来栖工区その2工事の進捗状況です。

モルタル吹付による法枠工が完了し、盆明けより鉄筋挿入工の施工が始まります。

(左から枠内に草がしっかり生えてるのが1工区目、うっすら生えてるのが2工区目、草が生えていないのが今回の3工区目になります)

連日暑い日が続き、幸か不幸か日当たりの良い法面の中、現場で指示・要望を伝えるのが忍びないほど法面屋さんが一生懸命がんばってくれています。

スタッフH.T

富山県 総合建設業 株式会社 岡部

 

 

 

 

R2 緊急予防地山 相倉山腹工事

富山県 砺波農林振興センター発注

緊急予防地山相倉山腹工事を受注しました。

工期:令和2年10月から令和3年10月

工事場所:富山県南砺市相倉地内

工事概要:世界遺産相倉合掌造り集落の直上の市道沿線にて法面の岩盤崩落を防止する工事。今年で同一箇所・同一工法による2期目の工事

富山県 総合建設業 株式会社岡部

R2 一般国道304号道路総合交付金(防災・災防・修繕)法面工来栖工区その2工事

富山県砺波土木センター発注

一般国道304号道路総合交付金(防災・災防・修繕)法面工来栖工区工事を受注しました。

工事場所:南砺市来栖地内

工期:令和3年3月から令和3年11月

工事概要:地山の崩壊防止のため吹付枠工、鉄筋挿入工、枠内基盤材吹付を施す工事。 上記航空写真の法枠の続きから斜面の向きが変わる辺り(写真の中央やや左から中央付近)までが今年のおおよその範囲となります。弊社が当該法面を受注し4期目(同一工種としては3期目)の工事となります。

健康管理に留意し、無事故で完工できるようがんばります。

 

富山県 総合建設業 株式会社岡部