一般国道304号道路総合交付金(防災・災防・修繕)法面工来栖工区工事 進捗状況 2

本工事は『法面の崩壊を防止する工事』を行っています。

そういえば入社した時から不思議に思っていたのですが、なぜ斜面ではなく法面(のりめん)なのか。またなぜ『法』の字を使用するのか調べてみました。

法面とは、一般には切取りまたは盛土によってつくられた人工的傾斜面のことである。

・・・では今回の工事は人工的に作られた斜面ではなく自然に崩れたものなので、斜面という呼び方が正しいのではないでしょうか。ちなみに『法』の字の根拠は不明だそうです。

現場の進捗はと言うと、法面上の草や木の伐採を終え、ラス金網の設置が完了しました。

 

 

 

 

富山県 総合建設業 株式会社岡部

一般国道304号道路総合交付金(防災・災防・修繕)法面工来栖工区工事 進捗状況

富山県南砺市来栖地内にて法面の崩壊防止工事を行っております。

この工事は法面に吹付枠を施工し、その後鉄筋挿入工を施工する工事です。

写真左側の碁盤目状になっているのが(簡易吹付法枠)去年までの工事で、

その続きよりスノーキーパー半分程度までが今年の施工範囲になります。

DCIM101MEDIADJI_0741.JPG

今後工事に進捗があれば、月1回を目標にHPを更新していきたいと思っています。

富山県 総合建設業 株式会社 岡部