庄川圏域祖山出谷砂防総合交付金(砂防)除石工 進捗状況

土砂搬出が完了し、残るは布製型枠の施工のみとなりました。

着工前と比べると並べるとこんな感じ。航空写真ではあまり陰影がなくわかりづらいですが、現場をやっていた者からみるとようやく形になったなという印象を受けています。

だいぶ気温が下がり、遠くの山が白く色づいてきていますが、

残りわずか気を引き締めて頑張ります。

 

富山県 総合建設業 株式会社岡部

貝塩法面対策その2工事 進捗⑤

みなさんこんにちは!

現在の現場の状況を書きたいと思います。

現在は前回の投稿で説明した、フレーム型枠にモルタルを吹付けて法枠を造っています。

<モルタル吹付状況>

モルタル吹付は来週には完了し、格子状の枠内に植物の種子が入った植生基材を吹付ければ法面工は完了です。

現場はかなり先が見えてきましたが、最近は冷え込みが一段と厳しきなってきており、構造物の品質管理や安全管理など気を抜けない状況が続いております。

雪が積もる前に工事を完成できるよう協力業者のみなさんともうひと踏ん張りしたいと思います!

話は変わりますが、先日現場に「富山県土木部砂防課」の方々が視察に来られました。本工事の工事概要や施工時の工夫等を短い時間でしたが説明させて頂きました。少しでも視察に来られた方のためになれていれば幸いです。

<現場視察>

来月には現場の完成報告ができると思いますので、お楽しみに!

富山県 総合建設業 株式会社 岡部

庄川圏域祖山出谷砂防総合交付金(砂防)除石工 進捗

護床ブロックを設置しました。1.6m×1.6m 高さ約80cm 重さ2tが55個あります。

急勾配の箇所に据付けるかなりの難易度でしたが、キレイに設置できました。

 

 

そして設置後に埋戻しました。

 

あれだけの成果はどこへやら。

 

現場の中を見ていれば、だんだん形になっていき、進捗を感じられますが、

これから土砂運搬約3,000m3がスタートです。

厳しい工程ですが、一生懸命がんばるしかないです。

 

富山県 建設業 株式会社岡部

貝塩法面対策その2工事 進捗④

みなさんこんにちは!

今日は現在の現場の状況について書きたいと思います。

現在は、前回の投稿で紹介した『SCM工法』での掘削作業が終了し、吹付枠工の作業を行っています。

今週から施工予定のモルタル吹付に向けて一生懸命フレーム型枠の組立作業を行っているところです。

<現場全景>

この『吹付枠』は、斜面上に格子状のモルタルを造成し、斜面の安定を図る工法です。主に表層崩壊の防止を目的に施工されます。

<吹付枠>

上の写真の金網の部分にモルタルを吹付け、白いシートの部分には種子の入った基盤材を吹付けます。

その状況は今後のブログで書きますね!

 

現場のある奥飛騨地区は先週から急激に冷え込んできており、いよいよ冬が近づいてきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日は作業開始時点の気温が1.5℃しかなく、現場から見える山にはうっすら雪も積もっていました。

これからますます寒くなると思うので、体調管理・安全管理・品質管理をしっかりと行い、作業を進めていきたいと思います!

富山県 総合建設業 株式会社 岡部

一般国道156号道路橋りょう改築法面工祖山B303工区工事 工事説明・現場見学

富山県砺波土木センター発注

一般国道156号道路橋りょう改築法面工祖山B303工区工事を進めております。

工事場所:南砺市祖山

工期:令和3年7月21日 ~ 令和3年11年30日

工事概要:法面の老朽化したモルタル吹付の延命化工事として、補強鉄筋(D19 L0.5m~1.0m)を打設し、フレームを取付けたのち、繊維補強モルタル吹付を施す工事。

 

すでにアンカー打設が完了し、あとはフレームを取り付けて繊維補強モルタル吹付を残すのみとなりました。

本工事ではモルタル吹付の延命化のための工法として、トーコンプラス工法を採用しており、昨日富山県内の建設会社を対象として見学会が実施されました。

この工法は、新旧モルタル吹付を一体化させることにより、品質を向上させ、また既設モルタルを取り壊す必要がない事により、安全性の向上と廃棄物の削減が図られる工法です。

富山県 総合建設業 株式会社岡部

 

貝塩法面対策その2工事 進捗③

以前に説明した『SCM工法(セーフティークライマー工法)』について紹介したいと思います。

本工事は勾配が約35°、高低差が75mもある斜面のため、転落した場合の影響が甚大となります。

そこでワイヤーで固定した掘削機をリモコンで操作するSCM工法を採用しました。

概要は

 

 

 

 

 

 

 

となりますが、伝わりづらいので動画に収めてみました。

どうでしょうか?いつかはリモコンさえも事務所内で操作する完全無人化施工になる日がくるのでしょうか?

現在は、無事掘削が完了し法面保護工を施工しています。

また進捗状況などをお伝えできたらと思います。

富山県 総合建設業 株式会社 岡部

一般国道156号道路総合交付金(防災・災防・修繕)法面工下原A091工区その2工事 完成報告

砺波土木センター発注

一般国道156号道路総合交付金(防災・災防・修繕)法面工下原A091工区その2工事 が完成いたしました。

工期:令和3年3月26日 ~ 令和3年9月3日

工事概要:法面上部の岩塊の落石予防のためロープ伏工を施す工事

斜面整理工683m2、ロープ設置工3,000m、岩盤用アンカー258本、自穿孔アンカー10本

わかりづらいですが、法面上のメロンの皺のような跡が今回の構造物となります。

土木部スタッフ H.T

富山県 総合建設業 株式会社岡部

庄川圏域祖山出谷砂防総合交付金(砂防)除石工 UAV測量

UAV(無人航空機ドローン)を使って3次元測量を実施しました。

おそらく弊社内での富山県発注工事では初めての実施です。

従来の人によるトータルステーションによる測量では3日程度かかっていたであろう作業を約3時間で済ませてしまいました。

 

 

 

 

 

 

後日トータルステーションで数カ所計測してみましたが、誤差は約5cm以内。

気象条件は選びますが、従来と比べて危険低減、疲労低減、時間短縮、利便性向上につながるこれからの技術だなと思いました。            スタッフH.T

 

富山県 総合建設業 株式会社岡部

 

庄川圏域祖山出谷砂防総合交付金(砂防)除石工工事

砺波土木センター発注

庄川圏域祖山出谷砂防総合交付金(砂防)除石工工事 を受注しました。

工事場所:南砺市祖山地内

工期:令和3年8月4日~令和3年12月10日

工事概要:堰堤維持のため、土砂2,600m3を搬出、根固めブロックと布製型枠を施工する工事。

台風時期に砂防内での工事になるため、土石流災害に十分留意し、安全に作業を行います。

スタッフH.T

富山県 総合建設業 株式会社岡部

 

一般国道304号道路総合交付金(防災・災防・修繕)法面工来栖工区その2工事

富山県 砺波土木センター発注 法面工来栖工区その2工事の進捗状況です。

モルタル吹付による法枠工が完了し、盆明けより鉄筋挿入工の施工が始まります。

(左から枠内に草がしっかり生えてるのが1工区目、うっすら生えてるのが2工区目、草が生えていないのが今回の3工区目になります)

連日暑い日が続き、幸か不幸か日当たりの良い法面の中、現場で指示・要望を伝えるのが忍びないほど法面屋さんが一生懸命がんばってくれています。

スタッフH.T

富山県 総合建設業 株式会社 岡部

 

 

 

 

平本店近隣の清掃を実施

平村本店では、毎月月末に近隣の道路、公園の清掃活動、草刈り、緑化を実施しております。

 

 

 

 

 

 

富山県 総合建設業 株式会社 岡部

立山砂防7月22日現在の状況

7月22日現在の状況です。

下の写真は、二の谷工区

袖部の人工地山コンクリートを打設しています。7月27日に人工地山最終

のコンクリート打設が終われば、袖部を埋戻します。

下の写真は一の谷、

DCIM100MEDIADJI_0374.JPG

 

 

 

 

 

 

 

有人施工でのコルゲートパイプ設置、

工事用道路の盛土を行っています。

このパイプと盛土施工が完了したら無人化エリアに進入し、

無人化施工を開始する予定です。

順調ですが、まだ終わりは見えません。

富山県 総合建設業 株式会社 岡部

DCIM100MEDIADJI_0377.JPG

貝塩法面対策その2工事 進捗②

みなさんこんにちは!

本日は当現場の現在の状況とこれからの工事内容について書きたいと思います。

まずこれが、この工事を始める前の航空写真です。

                 <工事着手前写真>

そして、これが先週末に撮影した現場の航空写真です。

                 <R3.7/16撮影写真>

かなり現場の雰囲気が変わりませんでしたか?!

具体的になにが変わったかと言いますと、写真の上側から順に

・崩壊している斜面の上部に工事用道路・ヤードができました

・崩壊斜面上の立木・倒木がすっきりとなくなりました(斜面上の緑色は木ではなく 草が伸びてきています。)

・斜面下に今後の掘削工施工時の落石防護として、大型土のうで擁壁ができました

大型土のう擁壁はこんな感じです。

              <大型土のう擁壁【パワーモンスター】>

ただの大型土のうではなく、【パワーモンスター】といって繊維のロープ・ネットで土のうを一体化し、大きな石の落石にも耐えられる構造となっています!

これでGW明けから開始した仮設工事もようやく完了し、いよいよ崩壊した斜面の斜面対策工を開始できます!

まず、今週からは崩壊斜面上に堆積した土砂・木根の掘削作業を行います。

 

ただ掘削作業といっても、よくあるバックホウでの掘削ではありません。

この現場のような急で長大な崩壊斜面の掘削に最適な工法があるんです!

それは『SCM工法(セーフティークライマー工法)』です。

簡単に説明すると、小型のバックホウをワイヤーで斜面上に下ろし、リモコン操作によって無人化掘削で作業をする工法です。

参考に弊社が過去に施工したSCM工法の写真を載せておきます。

            <SCM工法施工写真-1>
             <SCM工法施工写真-2>

今度のブログでは、この『SCM工法』の作業状況をより詳しく紹介できればと思いますのでお楽しみにお待ちください!

では、今回のブログはこのあたりで終わりにします。

これからは斜面上での作業が多くなるので、墜落事故等がないよう安全第一で頑張ります!

 

富山県 総合建設業 株式会社 岡部

小矢部川・長江堤防強化その6他工事 航空写真撮影

現場の航空写真の撮影を行いました!!

今回は、長江地区の現場写真を掲載します。

上の写真は上流側から撮影したもので、下の写真は下流側から撮影したものです。

施工箇所は前回工事の終わりから上の写真の右端までの範囲で、約340mあります。

 

本工事は前回工事と同様で、小矢部川の河川整備を目的とし、既設堤防の浸透に対する補強を行う工事です。

小矢部川は、庄川扇状地の末端に位置しており、砂礫の堆積が見られる他、湾曲部の流速差により粘性土がたまりやすく、又、旧河道上に築堤されている箇所が多いことから、浸透破壊が発生しやすい区間が多く見られるため、浸透対策を行う必要があります。

主な工事内容は、土工・護岸基礎工(鋼矢板基礎)・法覆護岸工(大型ブロック張・植生工)となります。

イメージ図

二上新地区は、また後日載せようと思います。

 

 

富山県 総合建設業 株式会社 岡部

R2 緊急予防地山 相倉山腹工事

富山県 砺波農林振興センター発注

緊急予防地山相倉山腹工事を受注しました。

工期:令和2年10月から令和3年10月

工事場所:富山県南砺市相倉地内

工事概要:世界遺産相倉合掌造り集落の直上の市道沿線にて法面の岩盤崩落を防止する工事。今年で同一箇所・同一工法による2期目の工事

富山県 総合建設業 株式会社岡部

R2 一般国道304号道路総合交付金(防災・災防・修繕)法面工来栖工区その2工事

富山県砺波土木センター発注

一般国道304号道路総合交付金(防災・災防・修繕)法面工来栖工区工事を受注しました。

工事場所:南砺市来栖地内

工期:令和3年3月から令和3年11月

工事概要:地山の崩壊防止のため吹付枠工、鉄筋挿入工、枠内基盤材吹付を施す工事。 上記航空写真の法枠の続きから斜面の向きが変わる辺り(写真の中央やや左から中央付近)までが今年のおおよその範囲となります。弊社が当該法面を受注し4期目(同一工種としては3期目)の工事となります。

健康管理に留意し、無事故で完工できるようがんばります。

 

富山県 総合建設業 株式会社岡部

小矢部川・長江堤防強化その6他工事 ブログ開始!

昨年度に引き続き、国土交通省 北陸地方整備局 富山河川国道事務所発注の【長江堤防強化その6他工事】を受注しました!
 

 

工事内容は、富山県高岡市長江地先(長江地区)にて、既設堤防の浸透に対する補強を行う工事、二上新地先(二上新地区)

にて、排水樋管の無動力化に係る樋門・樋管工事です。2つの施工場所でそれぞれ施工を行います。

上の写真は前回工事の完成写真です。

左は長江地区の写真で、ブロックの終わりより上の方を引続き施工します。

右の写真は樋門・樋管工事を行ったもので、今回も同じような施工を行います。

現在の現場写真です。長江地区が草が生い茂っているため、草刈後に上空写真を撮ろうと思います。

川の真横での施工となるため、流されないよう気をつけて作業を行うと共に、無事故、無災害で頑張ります!

今後、進捗がある度にブログをアップしようと思うので、次回のブログもお楽しみに!!


富山県 総合建設業 株式会社 岡部 

貝塩第2号砂防堰堤法面対策その2工事 岩坪山 不動尊にて地元行事参加

先日、本工事の施工箇所である「奥飛騨温泉郷一重ケ根地区」の地元行事である『不動祭り』に参加し、紙絵馬を書いてもらいました。

一重ケ根地区の皆様には日頃から工事に対してご理解を頂き円滑に工事を進めることが出来ているので、『不動祭り』に参加することで少しでも地域の皆様に日頃の感謝を伝えられたかと思います。

 

『不動祭り』で購入させて頂いた紙絵馬とは、高山地方に古くから伝わる縁起物で、一般的な木札ではなく和紙に描かれた絵馬です。家内安全や商売繁盛などを祈り、玄関などに貼るものです。「福」が逃げないように馬の頭を家の奥に向け、馬が呼吸できるよう額縁に入れずにそのまま貼るそうです。うまいこと工事が進むといいですね。馬だけに。

絵馬が呼び込んでくれた「福」によって悪いものを寄せ付けず、無事故・無災害で施工できればと思います。

 

 

さて、これからは気温が上がるため、熱中症に気を付けなければなりません。

汗をかき疲労した肉体は、温泉で癒し、がんばります。       スタッフY

 

富山県 総合建設業 株式会社 岡部

令和2年度押場地区貯水池斜面対策進入路工事 ブログ開始!

国土交通省 北陸地方整備局 利賀ダム工事事務所発注の【令和2年度押場地区貯水池斜面対策進入路工事】を受注しました!

工事内容は富山県南砺市利賀村押場地先の林道を復旧・造成する工事です。

道路土工(掘削・盛土)、擁壁工、法面工が主工種となっています。

 

航空写真(起点側)
航空写真(終点側)

 

航空写真では、林道があるようにみえますが本工事では別ルートに取付くようになります。今後の工事進捗をお楽しみください。

危険が伴う場所ですが無事故・無災害で頑張ります。

富山県 総合建設業 株式会社 岡部

貝塩第2号砂防堰堤法面対策その2工事を受注しました!

この度、昨年度に引き続き、国土交通省 北陸地方整備局 神通川水系砂防事務所発注の【令和2年度貝塩第2号砂防堰堤法面対策その2工事】を受注しました!

 

工事内容は、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根地先において、崩壊した法面の保護・補強をする工事です。

         [現場施工前写真]
河川の下流域には奥飛騨の温泉街が広がっており、崩壊法面の上には写真上部に見えている主要道路である国道471号が通っているため、崩壊が進むと地域の住民の方々の生活にも多大な影響があることから、早期の整備が必要です。1日でも早く法面の保護を終えられるよう精一杯がんばります。

工事の主な工種は、伐採工、掘削工、法枠工になります。

今後は工事の施工状況や創意工夫などをお見せしていこうと思いますので、是非当現場のブログのチェックをおねがいします!