貝塩法面対策その2工事 進捗②

みなさんこんにちは!

本日は当現場の現在の状況とこれからの工事内容について書きたいと思います。

まずこれが、この工事を始める前の航空写真です。

                 <工事着手前写真>

そして、これが先週末に撮影した現場の航空写真です。

                 <R3.7/16撮影写真>

かなり現場の雰囲気が変わりませんでしたか?!

具体的になにが変わったかと言いますと、写真の上側から順に

・崩壊している斜面の上部に工事用道路・ヤードができました

・崩壊斜面上の立木・倒木がすっきりとなくなりました(斜面上の緑色は木ではなく 草が伸びてきています。)

・斜面下に今後の掘削工施工時の落石防護として、大型土のうで擁壁ができました

大型土のう擁壁はこんな感じです。

              <大型土のう擁壁【パワーモンスター】>

ただの大型土のうではなく、【パワーモンスター】といって繊維のロープ・ネットで土のうを一体化し、大きな石の落石にも耐えられる構造となっています!

これでGW明けから開始した仮設工事もようやく完了し、いよいよ崩壊した斜面の斜面対策工を開始できます!

まず、今週からは崩壊斜面上に堆積した土砂・木根の掘削作業を行います。

 

ただ掘削作業といっても、よくあるバックホウでの掘削ではありません。

この現場のような急で長大な崩壊斜面の掘削に最適な工法があるんです!

それは『SCM工法(セーフティークライマー工法)』です。

簡単に説明すると、小型のバックホウをワイヤーで斜面上に下ろし、リモコン操作によって無人化掘削で作業をする工法です。

参考に弊社が過去に施工したSCM工法の写真を載せておきます。

            <SCM工法施工写真-1>
             <SCM工法施工写真-2>

今度のブログでは、この『SCM工法』の作業状況をより詳しく紹介できればと思いますのでお楽しみにお待ちください!

では、今回のブログはこのあたりで終わりにします。

これからは斜面上での作業が多くなるので、墜落事故等がないよう安全第一で頑張ります!

 

富山県 総合建設業 株式会社 岡部

貝塩第2号砂防堰堤法面対策その2工事 岩坪山 不動尊にて地元行事参加

先日、本工事の施工箇所である「奥飛騨温泉郷一重ケ根地区」の地元行事である『不動祭り』に参加し、紙絵馬を書いてもらいました。

一重ケ根地区の皆様には日頃から工事に対してご理解を頂き円滑に工事を進めることが出来ているので、『不動祭り』に参加することで少しでも地域の皆様に日頃の感謝を伝えられたかと思います。

 

『不動祭り』で購入させて頂いた紙絵馬とは、高山地方に古くから伝わる縁起物で、一般的な木札ではなく和紙に描かれた絵馬です。家内安全や商売繁盛などを祈り、玄関などに貼るものです。「福」が逃げないように馬の頭を家の奥に向け、馬が呼吸できるよう額縁に入れずにそのまま貼るそうです。うまいこと工事が進むといいですね。馬だけに。

絵馬が呼び込んでくれた「福」によって悪いものを寄せ付けず、無事故・無災害で施工できればと思います。

 

 

さて、これからは気温が上がるため、熱中症に気を付けなければなりません。

汗をかき疲労した肉体は、温泉で癒し、がんばります。       スタッフY

 

富山県 総合建設業 株式会社 岡部

貝塩第2号砂防堰堤法面対策その2工事を受注しました!

この度、昨年度に引き続き、国土交通省 北陸地方整備局 神通川水系砂防事務所発注の【令和2年度貝塩第2号砂防堰堤法面対策その2工事】を受注しました!

 

工事内容は、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根地先において、崩壊した法面の保護・補強をする工事です。

         [現場施工前写真]
河川の下流域には奥飛騨の温泉街が広がっており、崩壊法面の上には写真上部に見えている主要道路である国道471号が通っているため、崩壊が進むと地域の住民の方々の生活にも多大な影響があることから、早期の整備が必要です。1日でも早く法面の保護を終えられるよう精一杯がんばります。

工事の主な工種は、伐採工、掘削工、法枠工になります。

今後は工事の施工状況や創意工夫などをお見せしていこうと思いますので、是非当現場のブログのチェックをおねがいします!